<<  マイNewキャッスルドールズ、スタイルShow2018春その お洋服編だよ〜!!。 | main |  数年後のリカちゃんの姿がこうなる…かどうかはさて置き、『高校生リカちゃん』自体はまぁまぁ悪くない!?。 >>

 お久し振り〜!!…の、白人旧エリー、キャッスル復刻バージョン。

0
    CA3I0068.jpg

     先日、ドール友達のうーさんに2月の地元リカちゃん展のお土産を送るついで、『せっかく発送便が出来たのなら、もう少し何か送るもんねぇかな?』と、最近のプチカスタム記事にも載せてた縮緬の摘み細工の髪飾りや、ラメグリッターカスタムしたリカ&ジェニーのクリアシューズ等、自分が必要なプチカスタム小物を作るついでにそれぞれ同じ物をもう一つずつ作って置いたり、そいで前に約束してたお湯パーマ用自家製ロッド等、数点を追加同梱して贈らせて貰ったんだけど、先日その彼女からお返しの品が届いた。

    ML_CA3I1165.jpg

    ML_CA3I1166.jpg
     早速開封してみると、バービーのサンリオキャラをフィーチャーしたキャラクターコラボドレスセット2点と、個人作家さんのリカちゃん用手作り着物お着替えセット、

     そしてそれに加え驚いた事に…。

    ML_CA3I1164.jpg
     え…人形?。しかもキャッスルの箱ドール!?。

    CA3I1163.jpg
     これ旧(初代白人)エリーぢゃん!!!???。こんなん貰ろうてから、ほんなごつ良かとですか〜!?。( ̄□ ̄;)

     …こっちは自分のついでに作ったショボいプチカスタム小物ばっかりだったのに、彼女から戴いた品々はわざわざ購入して用意してくれた、ちゃんとした商品ばかり…しかもまさかキャッスルの新品ドールまで入ってるなんて、正直大変恐縮してしまったよ〜!?。
     本当に良いんだろか…!?。( ̄○ ̄;)


     …ジェニーフレンドでエリーと言うと、タカラバービーからジェニーへの改名を機に結成した、『JeNnY'S CLUB』メンバーとしてマリーンと同時期にデビューした日焼け肌で茶髪ソバージュの、後に波紋ブランドでも新しいボディーでnewエリーとしてリニューアル販売されたあの今でも人気のフレンドドールを一番に思い出すけど、実はそれ以前、タカラバービー時代にも別人でエリーと言う名のフレンドが既に居たのよ!?。

     肌色や髪色は勿論、顔の型やフェイスデザインまで全て違うんだけど、《18才でニューヨーク出身etc.…》と、不思議とプロフィールは殆ど一緒だったので、当初は激しくイメージチェンジした同一キャラ設定か…とも思ったけど、流石にそうでは無かったみたいで、当時、雑誌、『ひとみ』で少女漫画家の清原冷音さんが執筆担当していたタカラバービー〜ジェニーの漫画でも別人として描かれてた。

     販売促進の一環で、玩具のコミックが子供向け雑誌に連載される事は昔から良く有るけど、清原冷音さんの漫画は絵柄が実際のジェニーやフレンド達の特徴を良く掴んで可愛く描き分けてたし、それぞれ生き生きとした性格に描かれていて、凄く楽しくて大好きだった。(彼女が描いたマリーンが凄く可愛かったんだけどイメージイラストのみで、実際のキャラとして漫画本編に登場したかは確認して無いのww。)ジェニー改名後も彼女が担当してたけど後半は別の作家さんに変わってしまったのが大変残念だったけど。

     ドールの話に戻そう。

     発売時期自体は凄く短く、ジェニー誌を発行していた日本ヴォーグ社の編集長も存在を知らなかった位で、掲載ドールとしてオイラがマドンナの『マテリアル・ガール』のコスプレカスタムをさせたこの旧エリーを提供した時には、『…このドールはエリーとおっしゃいましたが、肌も髪も顔型も違うし、別の人形では無いのですか!?。』とわざわざ手紙で聞かれたっけ!?。

     ジェニーのパターンブックを製作してんだから、オイラより当時付き合いの有ったタカラに直接聞けば良いのに…とは思ったけど、一応丁寧に説明はしたけど。

    CA3I0050.jpg
     発売されてたのはタカラバービー時代の、それも2シーズン位で、ヴォーグ社もジェニー誌発行を始めた頃は兎も角、タカラバービー時代はまだそれ程タカラドールを取り上げて無かったから、ま、知らなくても無理無いかもだけど。

     と言う訳でジェニーになってからのタカラドールユーザーにはほぼ幻のキャラ的レアドールだったんだけど、去年初めてキャッスルブランドのフレンドドールとして発売されたね?。

    CA3I0051.jpg
     タカラバービー時代、それまでは唯一のフレンドドールだった初代フローラはタカラバービー(後のジェニー)と同じパッツン前髪&ストレートロングだったし、大人っぽい顔立ちになんと言ってもおでこが露出した横分けのレイヤースタイル…ってのが凄く新鮮で、発売時にすぐ数体買った。

     けど今は生憎手元に無かったので、去年キャッスルから発売時された時はオリジナルと近い髪色や分け目の子一体だけでも欲しかったんだけども、何かタイミング悪くて買い損ね、未だそのままだったので、戴いたのはすんごく嬉しいんだけども〜!?。

     有り難うごめんねうーさん、又何か埋め合わせするから!!。(>_<)

    CA3I0049.jpg
     10数年振りに実際に手にする白人旧エリーなので、早速わくわくしながら開封し、人形を取り出して髪の植毛状態を見たら、生え際ラインのあまりの後退具合に驚いてしまった!?。(◎o◎)!!!。

    CA3I0052.jpg
     …実は旧タカラから発売された当時のオリジナル白人旧エリーは、髪にカールギミックの有るプレイドール仕様になって居て、今でこそこの手のドールは髪に使われる化学繊維素材のハイテク進化で、もうそのドールヘアー自体がちょっと温めたり、巻いて暫く置くだけでそれなりのカールが付く化学繊維素材が色々開発されてるけど、(そう言えばもう直ぐカムバック発売のみさきちゃんはアクアカールって水でスタイリング出来る髪らしいね!?。)白人旧エリー以前の、其れまでのヘアカールギミックヘアーのドールと言うと、大抵普段より細目で幾分柔らかいドールヘアーに、その髪色に合わせた色の塗料を塗った細いワイヤーを混ぜて一緒に植毛して、そのワイヤーの形状保持力で髪全体に付けたカールをキープする…と言う仕組みが一般的だった。

     恐らく白人旧エリーは多分企画段階からそのワイヤー入りカールギミックドールとして発売するつもりで、もう顔型を作る段階からワイヤー入り植毛がし易い様、生え際のガイドラインもかなり浅めに入れたのかも知れないね!?。

     この生え際ラインの浅さは当然、オリジナル購入の当時既に確認してた筈なんだけど、多分当時はまだヘアカスタムも殆どやって無かったし、タカラドールの生え際ラインの浅さに関してはジェニーも含め、気にはなるけどお直ししようも無いし、仕方無く意識的に気にしない様、目を瞑ってたんだろうな!?。今回見てからやっと思い出したよ!?。

     でもキャッスル版の旧エリーはヘアーギミック無しの全く普通のサラン植毛なんだから、生え際ラインも普通のジェニーやフレンドに近い形に直してくれてた方が良かったんだけどね…!?。

     この生え際のままではヘアアレンジの幅があまりにも狭くて、基本お直し追加植毛しないユーザーにはちょっと辛そう…てか、ヘアお直しに慣れたオイラだってドールはどれも基本の植毛水準クリアーしてる方が良いに決まってるし!?。


     ま、てな訳でこの白人旧エリーは現在の我が家では唯一のの白人旧エリーなので、出来たら髪色や髪型等は出来るだけ旧タカラのオリジナルに近い、クロームイエローブロンドの横分けワンレン、そいで最終的に外巻きor内巻きレイヤースタイルにカスタムしたいな〜と思ってて、うーさんもそのつもりで緑目よりオリジナルと同じ青目の子を送ってくれたそう。

    CA3I0071.jpg
     ただ、この子は月間ドール…って言うの!? 前髪の有り無しや分け目の位置、並びに髪色等が注文時に選べる、つまりセミオーダードールだったらしくて、つまりこの白人旧エリーは意味を持ってこの濃茶の髪色で産まれて来たドールなので、そんな大切なドールの内の一体を戴いた事も有るし、再植毛する前に、この今の髪で出来るだけちゃんと綺麗な姿を残して置いてあげなきゃ…と思ったの。



    CA3I0100.jpg
     こんなに長くてタップリ植えられてる髪を、再植毛するからって即そのまま剃っちゃうのは勿体無いので本当なら、その前にデフォルトの髪でミディアムからショートまでカットモデル並みにスタイルアレンジで遊ぶ所なんだけど、何分さっきみたいな生え際ラインだから、短いカットスタイルとかは難しいし、かと言ってどうせ全部抜いちゃう予定なのにわざわざその為だけに生え際植毛するのもなんなので、取り敢えずワンパターンだけど例のごとく2代目風フロント撫でつけ風結髪ストレートスタイルに纏めた。

    CA3I0001.jpg
     流石にいずれ抜いちゃう髪に追加植毛まではしないけど、せめてセット&スタイリングだけはしっかりやる。

     新品のストレートロングのキャッスルドールなんだけど、ちょっと髪全体にヨレ…って言うか、微妙な縮れが有るね。

     そう言えば、2月の地元LCイベントで買ったマリーゴールドの教室リカちゃんの髪もちょっとヨレてたな!?。お城での最近の髪の熱処理が上手く行って無いのかなぁ〜…!?。

     一応軽くストパー掛けはしたけど、こう言う微細なヨレは一番取り難いww。

    CA3I00190001.jpg
     兎に角一度位は何か服をちゃんと着せ付けて、このデフォルト髪での綺麗な姿を残してあげなきゃ。

     今改めて観て、他の歴代の後輩フレンドドール達と比べると、流石にジェニー改名前のタカラバービー時代の初期フレンドなので、フェイスデザインは若干、昭和レトロな懐かしげな味わいも有るものの、顔立ち自体は2代目エリーに負けない大人っぽさが有る。

     明るいピンクや水玉柄のデフォルトドレスが良く似合ってて、そんな華やかなブロンド美人のイメージが強かった白人旧エリーだけど、こんな濃い茶髪だと又ガラッと変わって、今度は20代後半!?と思える位更に大人っぽく見えてしまう。

     なので、記念撮影には赤系の柄のキャッスル製着物を着せる事にした。

    CA3I0034.jpg
     例によって頭頂部の髪がペタンコで頭の天辺が平らになってたので、根元立ち上げパーマでトップから後頭部まで逆毛を起て、頭の形のシルエットを整えた。

     こうして観ると、髪の縮れが返って通常の人工的な美しさのサランには無い、リアルな髪の質感にも思えてこれはコレで悪く無いのかも!?。

    CA3I0061.jpg
     貴更は黒髪とか欲しいタイプの子は何体か買い直してるけどただ、新発売当時のあのオリジナルボディーの子が居なくて、今回やっとゲット出来た。

    CA3I0063.jpg
     胴体側の腕の付け根の形状が若干違和感感じるけど、頭が小さく、ボーイッシュなルックスが魅力の貴更にはこの上半身がやや小さめのボディーが良く似合う。それになんと言ってもこの鎖骨のモールドがナイス!!。やっぱり一番この貴更ヘッドにピッタリ来るよ!?。

    ML_CA3I00880001.jpg
     この貴更はJeNnY'S CLUBのメンバーバージョンで、箱もオリジナルのCLUBメンバーと同じだから名前の表記も英字のKISARAになってる。

     実は某リサイクルtoyショップ購入で、ほぼ新品だけど開封済みの様なので、水着やスニーカーはデフォルトだと思うけど、ピアスもコレがデフォルトだったかどうかが良く覚えてない。そう言えばブックレットも入って無かったし!?。

    ML_CA3I0090.jpg

    ML_CA3I0089.jpg
    ジェニーズクラブは確かシリーズ初めてのシンプルなレオタード売りのドールで、当時の定価は1,600円。

     細箱だけど、スパター模様の箱デザインがクールで今見ても格好良い。

    ML_CA3I0091.jpg
     パッケージ裏のクラブのメンバー表記にはKISARAもちゃんと名前を連ねてるけど、使われてる写真は結成時のパッケージと同じでオリジナルメンバーのみ。

     実は購入時お店には初登場時の大徳寺貴更バージョンの貴更も有ったんで、どっちにするかちょっと迷った。そっちの貴更にはオリジナルの貴更小物が色々付いてたからね!?。でもこのCLUBバージョンの方がかなり安かったしボディー狙いならこっちでも充分だったので…。



    CA3I1121.jpg
     後、こんな子も居たからちょっと懐かしくて買っちゃった!?。

    CA3I1042.jpg
     丁度髪型的に外ハネボブスタイルが気になってたし。

     でも髪の植毛やスタイリングの難有り度が高くて、ずっとお直ししてたのですが、これも実はもう完了してるので、近日中に記事アップします。

     ま、最終的にお直しってより、再植毛カスタム…!?。

     

    CA3I0031.jpg

    コメント
    復活した初代エリーをブログに載せていただけてうれしいです〜。とても綺麗にしてくださり感激です。

    着物を着せると本当にしっとりした和服美人といった感じですね。
    今だったら絶対に商品化されないであろう古っぽさが魅力的なんだなあと実感しました。
    植毛のラインはもう本当に可哀想で、「アップヘアには出来ないなあ」と思っています。将来もしお城で凝った髪型の初代エリーが出るとしたらどんなふうに植毛のラインを変えてくるのか楽しみです。が、お城も相変わらず忙しいようなのでそんな凝ったことをするような余力もなさそうですよね。

    そして懐かしすぎる「ひとみ」!連載されていましたよねバービーのマンガが!画がとても素敵で読んでみたいなあと思っていましたがなにせ当時は「りぼん」派だったので「ひとみ」までは手が回らず一度も読んだことがありませんでした。確かバービーの箱に入っていたパンフレットに紹介されていたんですよね。
    「こんなふうに上手にバービーを描きたいものだ」と思った記憶があります。

    高校生リカちゃんは当時トイザらスで偶然見つけて色白の子と普通肌のロングヘアーの子?を買いました。
    当時の流行を意識したコギャル風でイマイチ気に入らなかったのですが、一応買っとくか、と思ったんです。国産だったし。
    色白の子は深田恭子さんに似てるなあと思いましたがこれはイマイチ誰に言っても同意してもらえませんでした。懐かしいな〜。
    厚底サンダルがついてきて「時代は変わったな」なんて思っていました。従姉の子どもたちには非常にウケていましたけど。
    「レディリカはリカちゃんの成長した姿のはずなのに高校生リカちゃんとはまるっきりテイストが違うじゃないか!レディリカの方が好みなんだけど!」と思ったんですよね。
    今にして思えば高校生リカちゃんの方が時代を反映していて冒険心があって面白いんですよね。

    外ハネスタイルの子は当時トイザらスで発見できませんでしたのでお直し後のお披露目楽しみにしております〜!


    • うー
    • 2018/06/05 4:00 AM
    うーさん、

     戴いたどの品もとても嬉しかったのですが、返って凄く御気を使わせてしまう事になり大変恐縮しまくりです〜!!(汗)又何か埋め合わせを考えて置きますので〜!!。

     個人作家さんのお着物セットも丁寧な作りで、製作者の方の人柄が良く解りますね!?。

     白人旧エリーは今回、久し振りに直にドールに触れて色々思い出す事もあったりして、とても感慨深いです。当時のオリジナルは色々な水玉柄のドレスが良く似合ってましたね〜!?。

     ひとみのバービー(ジェニー)コミックは漫画担当の作家さんが、それぞれのキャラクターを上手く描き分け、性格も膨らまして皆可愛く描いて下さってました。コミックでは白人旧エリー、後の日焼け茶髪のエリー、どちらも大人ぢゃ〜ん!!なキャラでしたが、白人エリーは明るくちょっとお茶目なお姉さん風、日焼けエリーはミステリアスでちょっととっつき難いけど、本当は優しくてクールビューティーな感じに描かれてました。

     リエセンヌフローラで彼女が超ロングから普通ロングにイメチェンした時は、『枝毛が出来たから半分位の長さまで切ってみたの。』と言わせる所なんかリアルな感じがして良かったです。

     ジェニーのママは外出から自宅に帰って来た所、家に遊びに来ていたそんなフローラの後ろ姿を見を見て、ついジェニーと見間違えてしまい、『…だって2人並ぶと、まるで双子みたいよ!?』と言ったり!?。自分も初めてタカラバービーを玩具店で見た時は、ドールキャリアもまだ浅くて、実はジェニーとフローラとの区別があまり付かなかったのを思い出しました!? 

     皆にも益々似てきたね…と言われて、幾らフローラが可愛くても、ジェニーとしてはやっぱり誰かと似てると言われるのはちょっと微妙な気持ちになった所、でもジェフだけはちゃんと遠くからでも間違わずにジェニーの方に声を掛けてくれたので、『皆から遠目だと良く似てて区別付き難い…って言われたのに、どうしてジェフは私が解ったの?』とジェニーが聞くと、ジェフは『そんなの、幾ら似てる可愛い子が側に居たって、自分の好きな女の子は見間違えたりなんかしないさ!!。』…って言われてジェニーが胸をキュンキュンさせたり…なんてハートウォーミングなストーリーを展開してました。

     作画担当の清原冷音さんは当時の私設ジェニーファンクラブの会合に顔を出した事も有ったそうなので、多少お人形も好きで居て下さったのかも知れません。
    • kit☆man
    • 2018/06/09 1:14 AM
    うーさん、

     コメントの続きです…。(^_^)v

     高校生リカちゃんは、リカちゃんとは違って鼻の穴が無いジェニーヘッドを使ってるし、金髪以外は顔デザインもハーフっぽさがあまり感じられなくて、ぶっちゃけ数年後ハイティーンになったリカちゃんの姿がこうだ…とはどうしても考え難いのですが、確かにこの当時の新世代のジェニーフレンド達みたいにドールとしては新しいトレンドフェイス…とは言えるかもだし、成長したリカちゃん…てバックボーンを除いて単体のドールとして見るならば、そう悪く無い気もして僕も当時何体か買いました。

     デカ目系ぢゃ無くて、眉も目も吊り目気味でちょっと子猫ちゃん系キャラな所は成る程深田恭子っぽいかも!?。前髪付きロングだったら納得した人も他に居たかもですね!?。

     このファーストバージョンの短めパッツン前髪+外ハネボブはシリーズでも一番個性的なヘアスタイルで自分も其処が気に入って買ったので、当然お直しもデフォルトのヘアスタイルを尊重する筈だったのですが…が…が…!?。

    • kit☆man
    • 2018/06/09 1:31 AM
    コメントする









    calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM