<<  マイニューLCドールズ・スタイルショー2018春。その 蔽緤編) | main |  マイNewキャッスルドールズ、スタイルShow2018春その お洋服編だよ〜!!。 >>

 リカちゃん&ジェニードールシューズ、キラキラ☆ラメカスタムと、久々のバンダイアニメドール!!

0
    CA3I0738.jpg

     …今年一発目のスタイルshowその,箸靴秦芦鵑竜事からとはちょっと繋がり無いかもですが、ま閑話休題的に今回はそんなドールのスタイリングに欠かせない御靴のカスタムネタです。
    CA3I0434.jpg
     最近はクロックスだっけ!?。樹脂素材の一体成形で逆にまるでドールシューズの様な造りの靴も開発されたり、ソールの透明な靴とかも出回って来たけど、全体全てが透き通った靴は基本的にまだまだドールならではのアイテムだよね!?。

     靴としてのリアリティはあまり無いかも知れないけど、ちょっとシンデレラの硝子の靴みたいで、ドール用の透き通ったパンプスやミュールって、昔から結構嫌いぢゃ無いの。
    CA3I06420001.jpg
     キャッスルイベントでは旧タカラ時代のハイヒールサンダルも教室ドールのセレクトアイテムや単品売り等でラインナップされてて、素材のソフビの透明度はそれ程高く無いものの、一応クリアーカラータイプの物も大抵常時1つか2つ出てるのが嬉しい。

    CA3I0643.jpg
     ハイヒールサンダル自体はメーカーがタカラトミーに変わった今の市場版リカちゃん商品でも引き続き、ドールやドレスセットに使用されては居るんだけど、最近金型が中国工場で新規に製作した物に変わったのか、(左のより濃いピンクの方が最近のタカラトミー版ハイヒールサンダル。)基本的なデザインは変わらないけど、ストラップの盛り上がりやフロントの飾りの大きさとか、明らかに細かい形が違ってるし、更に樹脂素材も軟らかいので薄い平コード状に変わったストラップでは足首をちゃんとホールド出来ず、ぶっちゃけ装着感はかなり悪くなっちゃったんだよね…ww。

    CA3I0641.jpg
     それにキャッスルのハイヒールサンダルにしたって、型は従来のオリジナルのままだけど、クリアーシューズは出来たら本当はね、昔の旧タカラ時代の靴の様なラメ入り素材の靴が良いんだけどな…って思ったりして!?。

    CA3I04140002.jpg
     さっきのピンクとかはクリアーでも色付きな分、まぁこれでも百歩譲ってまだ良いけど、もう完全に無色透明な物だとちょっとインパクトが乏しい気も…!?。

    CA3I0698.jpg
     んじゃ、『だったら自分でクリアーラメシューズにしちゃうべよっ!!。』と言う訳で、素材的にラメ入りにするのは流石に無理だけど、表面をラメコーティングして、何とか似た雰囲気のキラキラクリアーシューズにカスタムしてみる事に決めて、実は去年から材料とか色々用意してたのよ!?。

     使うラメだけど、旧タカラのヤツは普通にありふれた銀か金のスタンダードなメタリックラメで、まそれでも悪くは無いんだけどどうせカスタムするなら…と、今回は七色の輝きが華やかなフォログラムラメを中心に使う事に決定。

     博多の材料専門店や地元の手芸店に行く度、ちょこちょこ色々物色してたら、丁度欲しい色が多数パックされたセットが有ったのでこれ幸いと購入!!。

     単品で数色買うよりもかなりお得だし!?。

    CA3I08770004.jpg
     ラメカスタムの手順としては、先ず薄めに溶いたソフビ専用塗料のクリアーをベースコートとして靴にサッと塗り、それが乾かない内に素早くラメを上からトントンと叩いて落とし、付き具合を見ながら丁寧に振りかけ、塗料が完全に乾燥した後、再びコーティングの意味で又クリアー塗料を塗り、そして又完全乾燥後このコーティング工程を数回繰り返して、付けたラメが落ちない様に加工してようやく完成となる。

     ラメって素材的に、特に濃い色のメタリックカラーラメとかはドールの顔や手足とかに色移りしちゃうので、不用意にパラパラ落ちちゃって足に付いたりでもしたらマズいでしょ!?。(だから靴の内側は全く付けません。)
     だからカスタム作業としてはぶっちゃけ数日仕事なの。

     んな訳で綺麗に手堅く仕上げるのにはちょっと時間を掛ける事になるけど、要領自体は所謂ネイルアートのラメネイルを作るのと全く一緒だね。

     ソフビ製の靴でこのカスタムが出来るのは工場でドールのフェイスプリントに使われるソフビ専用塗料が有ってこそだけど。

     因みにソフビ塗料のクリアーは、キャッスルではドールのリップのトップコートに使ってるそう。

     フェイスペイントでも、唇みたいな飛び出ている部分はそれだけ摩擦頻度が高いからね!?。

     ガラケー撮影だと普通の銀ラメシューズと一見それ程違いは解らないかもだけど、

    CA3I08420001.jpg
     実物は丁度コンパクトディスクの反射する光の様に、マルチなプリズムカラーでキラキラ輝いて、凄い綺麗なんだよ〜!?。

    CA3I10830001.jpg
     形&履き心地がイマイチ残念なタカラトミー版ハイヒールサンダルも、思い切ってそれぞれのクリアー成形色に合わせてラメカスタム。

    ブルーのラメのみフォログラムでは無いけど、丁度成形色に合う深いロイヤルブルーが凄く綺麗なラメだったので、これはコレでなかなか良い。

    CA3I1080.jpg
     無色透明の靴はシルバーの他、もう1つバージョン違いで、

    CA3I0985.jpg
     オーロララメタイプのヤツも作ってみた。

     マテリアル的には80年代、装飾やラッピング素材として大流行した『オーロラ・ペーパー』と同素材のラメだね!?。
     中森明菜ちゃんの、『禁句』のシングルジャケットの小道具にも使われてたよ!?。

    CA3I0991.jpg
     これならラメ自体もクリアーだから、靴の透明感を損なわず、より活かしてくれる。

     これは輝きがグリーン系なんだけど、本当はブルー&ピンクでリアルにオーロラカラーのが欲しかったんだけどね。今回は使える物がこれしか見つから無かったから…。

     ラメを人形の靴カスタムに使う場合、特にこんなストラップ部分とか形が細かい物に使う時はラメも出来るだけ粒が小さく細かい物で無いと、せっかくの靴のディテールが潰れちゃうからね。

    CA3I10790001.jpg
     キャッスル版クリアーピンクのサンダルの方には淡いピンク系のオーロララメを使用。

     今回カスタムに使ったピンクのサンダルは濃いタカラトミー版と淡いキャッスルオリジナル型版と2種有ったので、キャッスル版には差別化で少し淡いピンクのラメを使いたかったんだけど、手芸店や専門店ではなかなか見つからなかったので、地元のドンキのコスメコーナーのネイルアート用ラメを使ったよ。これはクリアーピンクのオーロララメタイプで、凄く靴によく馴染んだので良かった。♪

    CA3I06490002.jpg
     あのジェニーでの黒歴史、ナチュラルボディー用の厚底シューズはもう、ソール部分だけでかなりの面積が有るので、

    CA3I1085.jpg
     無理にストラップとか細かい所全部まで塗らないで、もうソールの側面外周のみラメ加工に。良く解らないだろうけどコレも一応フォログラムレッドのラメ。赤でフォログラムだとかなり輝きがインパクト大。

    CA3I0699.jpg
     元から金ラメだったサンダルも、ぶっちゃけラメ入りサンダル…って割にちょっとラメ感が乏しかったので、この際フォログラム・ゴールドのラメをもっと盛ってみた。

     ソフビ靴は元々の透明度は変わらないけど、表面をクリアーソフビ塗料で塗る事で、透明感も若干アップする。丁度磨り硝子の表面が水で濡れて一時的に透き通るのと同じ効果だね。

     今回はベーシックに単色で仕上げたけど、地色と違う色のラメや2〜3色グラデーションで使ってみたり、思い切って大粒のラインストーンとかも組み合わせても面白いかも知れないね!?。

    CA3I1128.jpg
     …話は変わるんだけど、昔は少女系アニメの着せ替えタイプドールなんかも良く出てたんだけど、バンダイが請け負ったマーババービーのマーケティング不振から、結局其れ以前から自社で販売していたチャーミーツイン〜アンナも含め、完全に全ての着せ替え人形市場から撤退してしまってからは、殆ど女玩製品として販売される物は無くなってしまった。

     その後少し間を置いて、アニメの爆発ブームを得てセーラームーンのドールが久々に出たけど、あれは多分中国のパチモンメーカーの有り物の製造ラインをそのまま流用した様な酷い出来で、かつてのタカラとは又違ったテイストの品質の良い着せ替えドールを作って居た一連のバンダイの物は全く比べ物に成らないクオリティで、当時買う気満々で発売したばかりの製品を買いに行き実物の出来を玩具店で見た時は、もう余りの出来の悪さと不細工加減に愕然としてしまった。

     でも玩具としてはそれに反してのかなり好調な人気&売り上げで継続して販売されて行く内、多少のクオリティアップはしていったんだけど、やっぱりドールとして納得出来るレベルには至らなかったね…。

     今のアニメだとプリキュアシリーズがそれに当たるんだけど、プリキュアではもう小さくてオール樹脂製のデフォルメフィギュアタイプの物しか出ていなかったんだけど、なんと新作の『HUGっとプリキュア』ではドールヘアー植毛&布製コスチューム、及び着脱式靴&ピアスで、つまり完全な着せ替え人形タイプのドールが発売されてたよ!?。

    CA3I1142.jpg
     本来アニメドールなので、顔のモールドはやっぱり今時ののっぺりベタンコ系なんだけど、フェイスペイント自体は丁寧だし、本来アニメドールだと難しい髪型の再現もそれなりに結構頑張ってるっぽい。

     ドールはアニメ開始時の現在(又例によってメンバー増える可能性は高いよね?)通りに3種出ていたけど、流石にいきなりコンプリするのもなんだからとりあえず主役らしいピンクで元気キャラ系のキュアエールと、

    CA3I1143.jpg
     ブルーで癒やし系!?のキュアアンジュの2体だけ購入。

     後イエロー系のキュアエトワールってセクシー系!?の子が居る模様。

    HAGっと…ってタイトルとかそれぞれの名前からはイマイチ何がテーマのプリキュアなのか良く解らんけど!?。

    CA3I1145.jpg
     ドールのサイズは互換性を狙ったのか、ほぼリカちゃんと同じサイズ。

     で、ドール本体の作り込みだけど首は回るだけで無く傾げたり角度を変えられるし、膝も何と今では珍しくも懐かしいクリック式で曲げられる!?。

     パッケージの裏に、『もし股関節が外れちゃったら、自分でカチッとハマるまで差し込めば直せますから〜!?。』…とか書いてたから、最初はちょっと人形としての造りに不安を感じてたんだけど、どうも着せ替え人形としての基本水準はクリアーしてるみたい。

     てか寧ろ、腕も又良く出来てて、何と肩部分は横に広げられるし、肘もワイヤー入りで勿論曲がるけど、足同様身がしっかり詰まった作りなので、中空のソフビ製で中に針金を仕込んだけの簡単な造りのリカちゃんの腕とは違い、曲げた箇所がペシャっと潰れたり、中の針金の先で押し上げられて腕に突起が出来たりなんて心配は無い。

     ウエストにもスライドジョイントが有ったから胴体を捻る事も出来た。

     つまり、ボディー全体のフォルムはそこそこだけど、可動的にはリカちゃんのボディーよりかは僅かに機能性が高いと言えそう!?。

    CA3I1144.jpg
     このプリキュアの新しいドールシリーズは『プリキュアスタイル』って商品名らしいけど、実はプリキュアシリーズの一番最初の作品、『2人はプリキュア』のキュアホワイトとキュアブラックは確かこれと同じドールタイプの製品が発売されてたのを思い出したよ!?。

     植毛されたドールヘアーは最初パッケージ越しに見た時はシルキーな色味が凄く綺麗な感じがしたのでカロン系か!?と思ったけど、開封して触ってみたら凄いサラン並み、いやひょっとしたらそれ以上に滑らかだったので、サランか、或いはナイロン製なのかも知れない。

     (一応ドール、服、靴に使われた素材の表記は有ったんだけど、髪についてはハッキリ書いて無かった…!?。)

     でもこうやって又、大手の玩具メーカーからも一般玩具市場向けに着せ替え人形タイプのドールが色々出て来て、タカラトミー以外の色々なメーカー製品も含めて、子ども達が小さい頃から着せ替え人形に触れて育つ時代が来ると良いな…!?

     なんて想ったりしたGWでした。

    コメント
    コメントする









    calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << August 2018 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    •  2018年8月夏、猛暑in高校生リカちゃんツインズ、日焼け夏服ショートカットJKリカは…!?。
      kit☆man (08/19)
    •  2018年8月夏、猛暑in高校生リカちゃんツインズ、日焼け夏服ショートカットJKリカは…!?。
      kit☆man (08/19)
    •  2018年8月夏、猛暑in高校生リカちゃんツインズ、日焼け夏服ショートカットJKリカは…!?。
      はやうまれ (08/19)
    •  …引き続き、精力的にドールカスタム作業中。
      kit☆man (07/15)
    •  …引き続き、精力的にドールカスタム作業中。
      うー (07/15)
    •  …引き続き、精力的にドールカスタム作業中。
      kit☆man (07/15)
    •  …引き続き、精力的にドールカスタム作業中。
      うー (07/14)
    •  メイクカラー変更カスタムのリカちゃんからの〜、卒業式の高校生リカちゃんと、現在のパパとママ。
      kit☆man (07/01)
    •  メイクカラー変更カスタムのリカちゃんからの〜、卒業式の高校生リカちゃんと、現在のパパとママ。
      うー (07/01)
    •  メイクカラー変更カスタムのリカちゃんからの〜、卒業式の高校生リカちゃんと、現在のパパとママ。
      kit☆man (06/30)
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM