<<  2017年度末、タカラトミー中国製リカちゃん、フェイスプリントクオリティ比較検証レポート。 | main |  2018年新春、リカちゃんキャッスル出張地元イベント、LCin天神に行ったとば〜い!!。 >>

 タカラトミー中国製リカちゃん、ドールフェイスクオリティー市場調査、2017年度末版 その (プチ再編集&後半追記有り)

0
    ML_CA3I0537.jpg

     それでは、お正月の間遊びに行ってたから少し間が開きましたが、前記事から続く去年、2017年末期における中国工場製タカラトミー一般玩具市場向けリカちゃんドール各商品、人形本体のフェイスプリントクオリティー市場調査レポート、後半です。




     …前記事の最後、『だいすきリカちゃん』と『すてきなリカちゃん』、タカラトミー歴代のシンボルアイコンドール的リカちゃん達にちょっと触れたけど、因みにその更又一つ先代、旧タカラ時代のシンボルリカちゃんがこの少し濃いピンクの服の、『かわいいリカちゃん』だった。


    CA3I05820001.jpg
     従ってこの服は、ベースに使われてたビビッドピンクの生地素材を一度変更したものの、デザイン自体は発売されてからそのままもう軽く十年以上は経ってる筈だけどそれにも関わらず、つい去年までカタログにも載って発売され続けて居たから、まだ店頭によってはこうして見掛ける事も少なく無いみたい。

     確かに縫製的な作り込みもデザインも結構しっかりしてるし、デザインも可愛い服だからこうして発売が続いてる所をみると未だに人気が有るんだろうね!?。

     この子も市販のリカちゃんでの代表的なモデルドールだったので、先の2体の商品同様、本体の人形にも気を使ってるらしい。(ドール本体の出来は初めて発売された頃とは髪色&型は兎も角、顔の雰囲気は多少変わってる筈。)


    CA3I05790001.jpg
     …取り敢えずは出来がまぁそこそこ、タカラトミー版では一応平均的水準レベルと言えるリカちゃん達を挙げて行こう。

     …しかしリカビジューシリーズもこのグループに入ってたのがちょっと意外だった!?。

     ビジューはせっかくの大人コレクターを意識したファッションテイストのシリーズなんだから、本来ならLiccAスタイリッシュドールコレクションと同じコンセプトなんだし、だったら一つの同じシリーズに統合して、ビジューシリーズのドール本体もあのリアル系ハイヒール対応の同じボディー素体を使用した方が絶対良いと思うの!?。商品的に差別化したいなら、セット内容や価格帯とかで変化を付ける…って形にすれば良いんだし。

     その方がユーザーも凄く喜ぶし、売り上げもきっとかなり上がる筈だと思うんだけど…!?。

     ビジューのドール付きよりドレスセットの方が先に速攻で売り切れちゃう…って、そう言う事でしょ!?。

     このシリーズはやっぱりドール本体にもファッション性の高い付加価値が無いと、やはりイマイチアピール不足だよ?。

     定番シリーズとしてちゃんと定着させたいなら間違い無くそうすべきだと思う。

     どうせ新開発したボディーなら、発注ロッド単位的にもそれなりの数作って在庫しっかり有るんでしょ!?。だったらどんどん使って売って、早く開発投資した経費取り返した方がメーカーとしても楽なんじゃないかなぁ!?。

     だって唯一中国製リカちゃん(つまりタカラトミーのリカちゃん)での付加価値なんだから、もったいぶらないで、どんどん売れるタイミングの内に売ろうよ〜。

     その方が絶対良いと思うんだけどなぁ…!?。

     え…とこのリカちゃんは、ピアスを装着してなくて台紙に別添え…って事はアクセ類が全てメッキ仕上げの、『ピンクジュエリーリカちゃん』かな!?。

    CA3I0506.jpg
     《わくわくショッピングリカちゃん》は、ショッピングモールのプレイセットに合わせたドールだった所為か、比較的長く製造されてる様で今でも各お店で良く見掛ける。

     この子辺りの顔が今のタカラトミーリカちゃんの標準的な品質レベルみたい!?。



    ML_CA3I0479.jpg
     そして、《ペットだいすきトリマーリカちゃん》

     …この子もペットショップのプレイセットの為のお店のトリマー兼店員スタイルのドールだけど、前髪が目の上ギリギリラインでパッツンの、完全に眉毛が隠れる前髪だと、顔の出来の判別はちと難しくなるね!?。

     逆に言えば前髪の範囲が広いとそれだけ顔の面積と共にその欠点も隠し易い…って事だけど!?。

     …顔だけどもう少し瞳の左側の虹彩っての!? 色の明るい部分の範囲とか3つの星の大きさや鮮明さとか、要するに目の各描き割り部分の面積配分や、メリハリがしっかり付いてればミクリカみたいにもっとキャッスルのリカちゃんに近くなるんだけどね〜!?。

    CA3I0561.jpg
     少し前のシーズン発売だった、《フラワーガール》

     …この子の前髪もそうだね。

     …一見普通に可愛いんだけど、良く見たら左右の目の位置の高さがちょっと違ってたりして、そう言う事も含めて前髪多いは七難隠す…的に、一番無難なヘアスタイルなのかも知れない。

     お直し作業視点から見ても、髪はカット部分が短か過ぎたり量が少ないと再植毛が必要になって来たりするから短いよりかは長めの方が潰しも効きそうなんだけど、植毛もガッツリやる自分は兎も角、やらない人だって当然沢山居るけどね!?。


     現在最新シーズンの《フローラルフェアリー》は、

    CA3I0559.jpg
     髪型も服も超ファンタジックメルヘ〜ンな感じで凄く可愛いし、顔プリントも何故か幼げで雰囲気は決して悪くないけど、やっぱり左右でちょっと目の大きさに差が有るね!?。


    CA3I0558.jpg
     同じ店の別の同一商品のフローラル…はもっと差が著しかった!?。

    CA3I0563.jpg
     …これも新作ドールの、


     《ミルキーストロベリー》

     …いかにも小さな女の子がお絵描きしたお人形さんをそのままリカちゃんで実体化した様な、良くも悪くもキッチュ!?なデザインのドール。

     …どうでも良いけど何時もタカラトミーが各店舗のリカちゃん製品売り場に置いてた配布用の無料カタログが、今季は未だに配られて無い様なんだけど何でだろ!?。

     自分が買ったシナモロールリカちゃんとか新商品自体はこんな風にドールもドレスパックも変わらず順調に発売してるんだけどね〜!?。

     最近は年2回、半年ごとに区切った形での配布だったけど、まだ後半の商品企画が決まって無い…とか!?。

    CA3I0564.jpg
     実はこの子の着けてるピアスなんだけど、お店で商品撮影後、家帰って画像を整理してた時に気付いたんだけどこの緑のピアスが何を象った物なのか、イマイチよく解らなくて、『これ何だ!?』って思って…?。よく見たら後ろは赤っぽいし…!?。

     …ミルキーストロベリーは商品名の通り、がっつりザ・イチゴまみれって感じなんだけど、後日別の店で同じ子のピアスを確認してみたら実はこのピアス、なんと緑のヘタと赤い実を象った、イチゴ型の可愛い新造品のピアスだった!!。

     最初のミルキー…の子のピアスはたまたま横向きになってヘタ部分が前方になってたからイチゴだって解らなかったんだね〜!?。

     実は髪飾りも三角に折ったピンクに白い水玉柄のリボンと緑の細リボンを組み合わせて、イチゴに見立てて有ったりする。

     出来ればこのピアスだけちょっと欲しかったけど、あまりにも服の作りが幼稚でキッチュ過ぎるから取り敢えず今回ははスルーした。

     新アイテムなら何時か、他の商品で付く可能性も有るんぢゃね!? …とは期待はしてるんだけど…。

     実はドレスパックの靴にも、ヒールがハート型で、ちょっとマテルのMHの靴みたいなテイストのユニークなデザインの凝ったドレッシーストラップパンプスの新型が出ていて、2017末〜2018初頭の今シーズンはシナモロールだいすきリカちゃん以外にも、ピアスや靴の新作物が結構出してるみたい!?。

    CA3I0682.jpg
     さっきのミルキーストロベリーの苺ピアス、ちゃんと形の解るヤツ撮って無かったので、昨日、(1月6日の土曜日)仕事帰りに地元のイオンに寄って又追加撮影して来た!!。

     …パッケージ越しだからあまり鮮明には撮れなかったけど。


     んで〜、そろそろ問題の『…あれ!? これも…リカちゃんなのかよっ!?』ってちょっとフェイスプリントの出来に疑問を感じたグループをピックアップ!!。

     画像判別だと若干判りにくい場合も有るんで、出来るだけハッキリクッキリ顔立ちの違いが解る子をはじき出して見たよ?。

     《お花のロングポニーテール》は、ちょっときゃりーぱみゅぱみゅチックなデザインが大人のリカちゃんユーザーにも受けが良さそうな売れ線商品(ま、見頃センターのスピンドルとかは全てプリントのフェイクだけどね?。)だったんだけども〜、

    CA3I0480.jpg
     ……あれ? ん…可愛く無いワケぢゃ〜ないけど…な〜んかコレぢゃない感のリカちゃん…!?。

    CA3I0575.jpg
     …気になるから又別の同一商品のロングポニーテールも見てみる。

     …確かに目の大きさや位置や向きもアレだけど、それ以前にもう何処がどう…ってより何か、全体的にフェイスプリントの作りがアマいって言うかユルくて、何かバッタもんてか、パチ臭ささがどこはかとなく漂ってどうにも…!?。

    CA3I0560.jpg
     ぢゃ更に3体目どうよ!?。

     …これ、もう目の大きさ激しく違って、まるでウインクする直前みたいぢゃん!?。

     …それにさ、

    CA3I05760001.jpg
     今回間近に見て初めて気付き、びっくりしちゃったのがこのリップの形!!。

     …普通、唇の形って人形だけに関わらず、イラスト全般でも、大抵上唇中央にV型の切れ込みみたいなラインが入るのが御約束だけど〜 それがタカラトミーのチャイニーリカちゃんのリップには全く無くて、まるで魚の唇みたいになってた!?。( ̄□ ̄;)

     ま、そりゃ人形の顔のその中のパーツの1つなんて、凄く小さな塗装部分だけどさ?

     でも細かい事言う様だけど、そんな小さい所をきっちり描ききってこその人形の顔なんだよ!?。

     だって人間と違って自我や人格、てかそもそも生き物では無いドールは本来、形にこそその存在価値の全てが有るんだから!! 細かい所にこだわってこそ人形、細かい所の作りに目が届いてこそのドールホビーなんだし!?。



     後もう一体、酷かったのが《ロングヘアアレンジリカちゃん》

     このリカちゃんは、横分け前髪有りのもう足首手前位まで長い髪のドールに三つ編みエクステや編み込みスタイリング用のブレードリボン等のヘアー小物が付いた、昔のジェニーフレンドで言えば丁度ティモテみたいなヘアーアクセが最初からセットされてて髪結い遊びが出来るリカちゃん。

     で、普通この手の人形の着てる服って大抵色もデザインもマイルドな感じのが多いのが相場だけど、この商品ではビビッドなスカーレットピンクの大人っぽいミモレ丈のパーティードレスを着せてる所がなかなか新鮮で、本来ドールさえそれなりの出来なら髪も長いし大人のコレクターもカスタム用に使えそうだったのに〜

    ML_CA3I0478.jpg
     こりゃまた顔が、『これ…本当にメーカー正規のリカちゃんだろか!?。』って思っちゃったレベル!?。( ̄□ ̄;)

     …実は顔プリントだけぢゃなく、顔のソフビ素材の透け感が何時もと逆に有り過ぎで、何…だかゴムみたいで!?。

     日本の大手量販店の玩具売り場…ってより、中国や韓国の観光客が良く行く土産物屋商店街の奥の胡散臭い玩具屋に置いてそうな感じ!?。

     今だとこの2種類のリカちゃんが、特に顔の難有りレベルが高い商品みたいッス。

    ML_CA3I0476.jpg
     後、微妙に顔つき違ってて気になった子をピックアップ。

     《フローラルウエディング》

     …コレは目の大きさ違いが今までの子とは左右逆になってて、ちょっと目を描く(てか転写する!?)位置感覚が通常のリカちゃんとは離れてるのか、誰やねん的老け顔になってるし、顔色も胴体とちょっと色味が違ってるからまるで、『地肌より明るいファンデーション選んで厚塗りし過ぎで首元との色の差がハッキリ出ちゃったオバサン…。』の様!?。

     そう、人形の顔って個々のパーツの形だけで無くて、それぞれの位置感覚にもその人形の顔としての個性が有るからね!?。ちょっとパーツ位置が変わると別人になっちゃう事も!?。

     これはMonster Highドールを買ってた人間には痛いほど身に染みてる事だけど。

     後、唇が薄いから顔自体の印象も希薄になって欠点や違和感ばかりが目に付く感じになってるね。

    CA3I05730001.jpg
     それと、《トゥインクルプリンセス》もちょっと要注意かな!?。

     目の大きさがちょっと普通のリカちゃんよりオーバー気味なんで、何ならちょっとプリントが滲んでる様にさえ見えちゃってる!?。

     …メーカーがタカラからタカラトミーになって、一番最初の品質大改革時代に一度フェイスプリント型の調節がブレて、凄い変な顔ばかり出回った衝撃的な時期が有ったんだけど、その時にやっぱり目のバランスが豪快過ぎてヘンな顔のリカちゃんが居て、瑠璃玉さんがリ力(りちから)ちゃん!?って名付けて自ブログで紹介してたけど、これは流石に其処まででは無いにしろその流れを継承する顔…と言えるかも知れない!?。

     ま、この子に関しては目の大きさがやり過ぎてる以外は特に問題は無いので、ひょっとしたらリカちゃんを知らない人から見れば、『こんな顔の人形なんだ…。』と思うだけかもだけど!?。

    CA3I0562.jpg
     でも、この前又違う店に行ったら普通の平均的なタカラトミーチャイニーリカちゃんフェイスのトゥインクル…が置いててちょっと驚いた!?。

     …これって、追加生産時に製造ラインを別のに変えたって事かなぁ!?。

     …と、年末から年明けにかけて、自分で実際に地元と博多の各店の玩具売り場を彼方此方周ってリカちゃん人形を見倒し捲くった結果、こんな感想を抱いた次第です。

     今店に並んでるリカちゃんの顔の仕上がりにバラつきが有るのをたまたま誰かのブログで知っただけで、本当は自分で気付いた訳では無く人形の顔目利き力等殆ど無い実はドール音痴な人とかは兎も角、ある程度昔からリカちゃんを見て来た大抵のタカラドールユーザーなら、大体解って貰えるレベルの内容でまとめたつもりです。


     …ドールプレイヤー&カスタマー及びブロガーとしてのキャリアとセンスがあまりにも低く過ぎると、単に他のブロガーさんの記事を見ただけではどうやらその内容を正しく掌握出来きず歪めたり、違う形で認識してしまう場合も有る様で、そんな場合、そのブログ主や同じ人形を好きな人にとっては、いい加減で見当違いな事を書かれるのは正直、『何だかな〜この人…!?』ってモヤモヤしてあんまりいい気持ちはしない訳です。

     『この人形の魅力を紹介したくて〜!!。』…とか言っても、当人にそれをちゃんと見極める力が無ければ場合によっては結果的に足を引っ張ったりイメージダウンさせる方が多かった例を実際に見せ付けられるともうゲンなりしちゃう訳です。

     基本他人のブログから得た情報は出来るだけ自分発信の形にすり替えたくて、基本読み逃げ&観覧逃げの形で通してたのかも知れないけど内容をちゃんと理解出来ずに結果、勘違い、見当違い、いい加減で意味不明な記事を悪戯に書き散らかすだけになるんだったら、やっぱりちゃんと先方にコメントで質問なり、情報取得の礼なり筋を通したりちゃんとコンタクトをとって、他のドールブロガーさんの知識と美意識を見習って自分のドールプレイヤースキルを上げるてく努力をしてかないと、結局本当の形でのドールホビーの楽しさも解らないと思うよ。何か知りたい事出来たなら、『誰かこのブログにコメントして教えて〜!?』…ぢゃ無くて〜それなら自分から適当な誰かに聞きに行くのが筋&マナーでしょ!?。大人のドールホビーを嗜む人間なら、ごくごく基本的な事だと思うけど。

     …因みに3Dプリンターってのも基本は予め存在する立体物を3Dスキャンして複製を作るシステムなだと思うんだけど、一度データを取り込めは同じ形の物の大きさを拡大又は縮小出来たりするかもだから、ビッグサイズのフランキーやドラキュローラの原型制作時にそれを導入したかも…とは思ったけど、(後は、せいぜい壁紙機能的に爬虫類や人魚キャラの鱗模様とかのモールドパターン貼り付け…位!?。)パソコンの画面上だけでドールの顔を一から造形する…って作業はもう3Dプリンターとは直接関係無いし、そもそもまだそんな細かくて複雑な事、出来ないんぢゃない!?。

     どこからそんな情報、又は発想が出たんだろ!?。(笑)


     …旧タカラでは、ユーザーから自社のドールについて何か不満や苦情等を聞いても何故か、まるでディスられてると勘違いでもしてるかの様な無愛想な反応、又は無視してちゃんと受け留めず、当然商品の改善や必要な対処も殆どやらないスカしたスタンスでどうにも仕様が無かったけど、それらはアンチ発言等では決して無く、好きなメーカーの製品だからこそ好きな所と同様、気になる部分、もっとこうして欲しいとかこうならないの!? …なんて所も出て来るのは当然な訳で、それはそれだけそのメーカーの商品に関心を持ってくれてるんだから、本来ならせめて上辺だけでもちゃんと耳を傾ける振りだけでもすべき事だった…と思うよ?(実際にその内容通りにするかどうかは勿論又別問題だけど。)

     メーカーとして本当に一番最悪で深刻な事態なのは、自社の製品にそれまでのユーザーが関心と興味を失って離れてしまう事なんだから。

     消費者あってのメーカーなんでしょ!?。

     タカラトミーに変わってからはそこら辺は凄くユーザーの声に敏感で、『メーカーとして、自社ドールのリカちゃんシリーズに関しては少しでも品質アップしてユーザーが喜ぶドールになる様、出来る限りの対応&対処をするつもりです!!。』…って姿勢をちゃんと見せてくれてる所が凄く期待&信頼出来ると思うの。

     …要改善箇所等で、問題の発覚が仮に社内では無く、ユーザー側からの指摘だったとしても、出所に関係無く商品に必要だと判断すれば早急に対処する姿勢を見せてくれる所がメーカーとして一番大切な事だと思うんだよね。リカちゃんシリーズに関してはトミー側だった人達には元々他社の製品だった訳だし、元々上層部の人間が直接自社製品の細かい商標知識に疎いのは玩具メーカーに限らずそんな珍しい事では無いし。

     ユーザーの声や問題に気付いた時に敏感に動く姿勢さえ有ればそれで充分だし、其処が一番大切な事だと思う。

     旧タカラにはそういう常にユーザーの要望、てかニーズに応える気持ちが全く無くて、例を挙げるとあの捕らえられた宇宙人みたいに不自然に細い体に手先足先の不格好さが酷すぎて、もう着せ替え人形として有り得ない素体で実際、批判も有ったナチュラルボディーをそのまま安易に靴の方を合わせてバカでかい物を作り、無理やりユーザーに押し付け浸透させようとしつこく発売し続けた怠慢&傲慢さが結局自身の会社を自滅に追い込んだんだと思うよ?。

     大幅な予算をかけて開発したのかも知れないけど、だったら中途半端な出来のまま商品化したりしなきゃ良かったんだよ!?。それがそもそもの大きな間違いだった訳で、大コケ失敗したのは自業自得で悪いけど同情の余地は全く無いね。

     つい最近までのマテルもそんな感じだったけど、Barbieもジェニー&リカちゃんもそれぞれ国内外でトップの人気をキープしてたのはその製作を直接担当してた造形師やデザイナー、企画スタッフが頑張って良い商品を作ってたからで、メーカーとしてのブランド力なんて、其処から自然発生しただけなんだから、間違っても逆に『ブランド力だけでドールが売れる』…なんて訳では決して無いんだよ!?。

     製品自体の出来が全て…のドール産業は、そんな甘い物では無いでしょ!!!。

     だから、自社の有能な企画スタッフチームを一度切り崩してドール商品の企画力を落としてしまったらもう、転がる様に途端に人気なんて落ち込んでしまうんだよ。

    メーカーがちょっと形を履き違え、無駄に根拠の無い高いプライドとブランド意識を持ち過ぎちゃって、何時までもその間違いに気付かなければ末路は悲惨で悲しい結果になるだけなのかもね。

    コメント
    さすが神!
    私が常々抱いていた個人的に「基準外のリカちゃん」勢ぞろいでした!

    釣り目気味、べったりリップ、のっぺり顔、左右の目の高さの違い、白目?が多すぎ辺りが私も気になっていたんです。
    しかし目が大きすぎる子は初めて見ました。これは新鮮です。いくら何でも大きすぎる!
    私もおもちゃ売り場で確認しますね。
    他にもまだ見ぬ顔パターンの子がいるでしょうか。

    子供の頃は二代目リカちゃんの時代だったのですが二代目リカちゃんもなかなかに顔が違った記憶があるんです。無表情っぽい子、ションボリ気味の子、若干横に引っ張られている感じの子とか。当時は着ている物が素敵かどうかと母親の好みに合ったものかで選んでいたので顔で選んだりはしなかったんです、どちらかというとイマイチつまらなそうな顔をしている二代目リカちゃんは苦手だったのを思い出しました。
    だが、人形さえ与えておけば私はおとなしかったのでリカちゃんは家にゴロゴロいました。

    今はリカちゃんで遊ぶ子も昔と比べて減っているのでしょうし、あとかなり小さい子しか遊ばなくなっているそうなのでお人形の市場も厳しいのでしょうね。

    その中で大人向けのリカちゃん需要を発掘したタカラトミー、なかなかやるなと。
    veryコラボのリカちゃんが出た時に「金の鉱脈を当てたな」と思いましたがこの大人路線をどう伸ばすかが気になっていました。
    大概変な風に改悪してダメにするというパターンに慣れていたので。
    と思ったらスタイリッシュの方も意外にちゃんと続いていて「ほ〜」と思っています。
    若干価格が高いな〜とは思うのですが大人向けの付加価値でしょうか。

    片やもはやタカラトミーのラインナップにも乗らなくなったジェニーの不遇を思うにつけ波に乗れるか乗れないかで変わるものだとシミジミ思っています。
    ジェニーも変に子供向けにならずにいてくれたら、こだわりを持って作られていたらと今更ながらに思うんです。
    中国産のジェニーばかりになった時も国産のカレンダーガールや着物シリーズは出来が良かったし。「悪貨は良貨を駆逐する」で消えちゃいましたけど。
    本当に残念です。復活しないのかな〜。
    でも、タカラトミーの30周年ジェニーが中国製のエクセリーナだけだったというところにもう答えが出ている気がするんですけれどね。
    それでもなお若干期待してしまうのがファンの悲しい習性だったりします。


     
    • うー
    • 2018/01/10 2:26 AM
     うーさん、

     この度は病み上がりだったにも関わらず怒涛の三連打コメント!?、誠に恐縮&有り難う御座いました〜!!。

     …年末にひく風邪って、大抵年を跨ぎなお長引くので、結構厄介なんですよね〜!?。

     自分も近年は首回りが冷え易くなったり寝起きとか慢性的に寝冷えや喉を傷めたりで、冬は何かと風邪をひきやすくなってしまいましたww。

     ので、体力維持の為の健康食として、体が弱ってると感じた時は『味噌カツオにんにく』等を食べて居ます。字面だけで想像すると何かすげーしつこそうなイメージなのですが、返って生にんにくよりも風味がマイルドで旨味が増してて凄く食べやすいんですよ?。良かったら試して見て下さいね!?。

     去年末期のタカラトミーリカちゃんは又種類によって顔の出来のブレが出てたので、ちょっと自分なりにレポートで纏めて見ました。

     中国工場みたいな大規模な所での製品品質改善は、時間と労力、そして経費の等全て、きっと相当な量を要した大変な作業だったのでは…と思います。当然改善修正している間は其処のラインも稼働停止でしょうし!?。

     でも、目先の事を差し置いても改善してより良いドールが出来ればそれ以降の売り上げも全く違って来る筈だし、やるかやらないかでそのドールの命運が大きく変わる訳ですしね!?。

     今は着せ替え人形も単なる女の子の玩具…と言うより、大人も含めた一つのホビーという形にシフトして居るので、キャッスル同様、タカラトミーのリカちゃんも大人のコレクターから認められる商品が有った方が良いに決まってるし、そして生産数ももっとどんどんアップすべきだと思います。

     ジェニーはそこら辺の改善がちゃんとした形で出来なかったのと、年々減ってく開発予算から逆算した中途半端で詰めの甘い商品企画ばかりで徐々に衰退が進み結局、玩具市場から消えてしまったのでは…と思います。

     newジェニーやたまき、シオン、さやか、中国工場時代デビューの子達に関してはそれ程違和感は感じませんでしたが、後に出た国産版と比べたらやっぱりちょっと違いましたね!?。

     タカラトミーになってからでの品質改善も、ひょっとしたらリカちゃんか或いはジェニーか、取り敢えずどちらか一つに選択する必要性からより歴史&知名度の高いリカちゃんの方を選んだのか…何て事も考えたり!?。

     でもやっぱり出来ればジェニーシリーズも復活して欲しいですよね!?。
    • kit☆man
    • 2018/01/13 12:20 AM
    コメントする









    calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << August 2018 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    •  2018年8月夏、猛暑in高校生リカちゃんツインズ、日焼け夏服ショートカットJKリカは…!?。
      kit☆man (08/19)
    •  2018年8月夏、猛暑in高校生リカちゃんツインズ、日焼け夏服ショートカットJKリカは…!?。
      kit☆man (08/19)
    •  2018年8月夏、猛暑in高校生リカちゃんツインズ、日焼け夏服ショートカットJKリカは…!?。
      はやうまれ (08/19)
    •  …引き続き、精力的にドールカスタム作業中。
      kit☆man (07/15)
    •  …引き続き、精力的にドールカスタム作業中。
      うー (07/15)
    •  …引き続き、精力的にドールカスタム作業中。
      kit☆man (07/15)
    •  …引き続き、精力的にドールカスタム作業中。
      うー (07/14)
    •  メイクカラー変更カスタムのリカちゃんからの〜、卒業式の高校生リカちゃんと、現在のパパとママ。
      kit☆man (07/01)
    •  メイクカラー変更カスタムのリカちゃんからの〜、卒業式の高校生リカちゃんと、現在のパパとママ。
      うー (07/01)
    •  メイクカラー変更カスタムのリカちゃんからの〜、卒業式の高校生リカちゃんと、現在のパパとママ。
      kit☆man (06/30)
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM