<< モンスター・ハイ 高値は高値、デカい事はデカいけど、デ(ッド)ラックス感…は…!?。 Monster High Deadluxe High School Playset. | main | 地元のリカちゃんキャッスルイベントでの戦利品。(ドール編) >>

シルクストーン・ボディーと可動の両立は…!?。 BFMC Classic Black Dress.

0
    CA3I1884.jpg


    凄いひっさしぶりの記事更新です。

    元々夏の間は暑くて趣味の活動も鈍くなるんだけど、今年はそれに加え今までメインでコレクションしてたMH商品の企画も微妙になって来たもんだから、ちょっとドールコレクションのモチベーションも資金も停滞気味なのが原因なんだけども…。

    ま去年後半は結構好きな子達が色々買えたし、幸い今は物欲も不思議な位収まってるので、ぶっちゃけそれ程不自由さも感じては居ないし、元々他には大した趣味も無いので、いづれ気候も収入も安定する秋以降には又直に復活するとは思うけど。


    CA3I19660001.jpg
    でも今、ブログであんまり間空けちゃうと、Twitterやタンブラ、インスタグラム辺りの新しい画像コミュニティーに移行した死ブログかと思われそうだし、親しいドール友達も頑張って更新してるので、リハビリを兼ねて何とかレビューらしい記事を…なんてね。

    それにめったに直筆で字を書かない昨今では、ブログが唯一文章力を維持する手段だし〜。

    てな訳で今回はお友達のうーさんのブログ紹介で知った、なんとシルクストーンボディーのBFMCシリーズで初めての可動ボディーを採用した、『クラシックブラックドレス』ドールです。

    いつもパッケージはそのドールのデザイン画風のイラストをあしらってるんだけど、(あれってロバート・ベスト本人が描いたんだろか!?。だったらデザイナーとしてはかなり上手い方だけど…!?。)この商品では図案化した薔薇を散らした柄で、悪く言えばどっかのデパートの包み紙っぽいちと安っぽい感じ。サイズも新素体だからか普段のケースより横幅がやや広くて余裕を持たせた大きさ。



    CA3I1859.jpg
    パッケージ中のドール本体。

    コスチュームと靴だけで、普段当たり前なピアスやアクセサリー、バッグ等の装備品は一切無しと言う、BFMCでは珍しい質素なセット内容。

    ドレスは見た目と変わって意外に厚めの生地を総裏でしっかりした感じに仕立ててる。ブーツを合わせてるのが往年のオートクチュールなイメージを基調にした今までのイメージとはちょっと違ってるけど、可動ボディーって事で多少活動的なイメージや最近のモードトレンドを意識したんだろか…!?。

    CA3I1882.jpg
    BFMCは普段着せ替えて遊ぶドールと言うより、箱に入れたまま保管するか、出してもショーケースとかで飾る…ってのが定番ぽいけど、今回は一応触って動かす頻度が高い…てか其れを狙った筈の可動ボディーだから、脱げやすいパンプスを避けてロングブーツにしたのかな〜って事かもね。

    脱げ難い靴を…って事ならあの細いリボンが付いた編み上げストラップパンプスでも良かったんぢゃね? とも思ったり。 あれならビンテージっぽいポニーテールにも合うし…。


    CA3I1971.jpg
    ほら、ドールのヘアメイクなんだけど、プラチナブロンドのクラシックな王道ポニーテール…なもんだから、ちょっと今風なスタイリングのコスチュームとは微妙に合わない気も…!?。

    いや、ドールのヘアスタイルとフェイスペイント自体は可愛くて凄く気に入ってるんだけど。

    綺麗なプラチナブロンドでサイドパートのポニーテールなのは、個人的にFMCシリーズ開始当時のランジェリー・ブロンドポニーテールのオマージュなんではないかと思って居る。


    CA3I1972.jpg
    因みにそのランジェリーブロンドポニーテールがこの子。

    よく見たら目の見開き方や眉毛の太さ等、細かいメインニュアンスは結構違う。
    ブロンドの髪の色味は同じみたいだけど。

    デルフィーヌを含む、#1〜3のランジェリーバービーの共通メイクのシャドゥで、まぶた中央だけピンクが乗ってるのが当時独特で凄く印象的だった。

    今回の可動ボディーブラックドレスのドールは、フェイスメイクの方は幾分ドーリーなイメージにリブートしたって事かな?。


    CA3I1887.jpg
    眉毛&睫毛を兼ねたアイラインメイクが、共にかなり太目に描かれた顔は寧ろ普通に初期のビンテージ・バービーのイメージに近いのかも知れない。


    CA3I1968.jpg
    で、肝心の今回の可動ボディーなんだけど、実物を見る前からちょっと気になってたのがボディー各部分の使用素材。

    BFMCはビンテージタイプのヘッドモールド使用と並んでシルクストーンと言うキャストやレジンの様な硬質感の高いオリジナルに開発した樹脂を使ってるボディーってのが売りの一つだったんだけど、(頭だけは植毛する関係で、見た目の質感はよく合わせてるけど実はちょっと違う素材で、暖めると若干柔らかくなる。)これだけ硬いと弾力性も乏しいし、ぶっちゃけシルクストーンは実は可動ボディーにするには向かない樹脂素材なんだよね〜!?。

    かといって今更他の樹脂素材にしちゃったらもうFMCでは無くなっちゃいそうだし〜…!?。

    CA3I1975.jpg
    今回の可動FMCボディーは、バスト&ヒップのボリュームはダウンしてんのに、ウエストの細かったくびれも幾分控え目になってて、つまり今までのメリハリボディーのグラマー度が大分引き下げられちゃった感じだね。

    これは新素体製作を期に少しリアルな体型にしたかったのか…? とも思ったけどその割には、各関節のパーテーションとか造形ニュアンスがイマイチ繊細さを欠いてるから、可動と言う付加価値が無ければFMCのボディーにしては造形美的にちょっと厳しい。股関節が横にも広がるのはポーズのバリエーションも増えて良いのだけど、この腰回りのボリュームの乏しさとハイレグラインの野暮ったさはちょっと戴けない。

    そもそも胴体にせっかく胸下に可動ジョイントを作っといて、(この分割ラインもイマイチ美しく無いんだけど。)わざわざ又ウエストにも今まで通りスライドジョイントを入れてるのが良く解らない。

    本来胸下関節は、可動ボディーでも継ぎ目の無い美しいウエストのくびれを実現するのが一番の目的な筈なんだけど…!?。

    今までのFMCボディーのウエスト部分はちょっと形が極端で、あまり露出に向かない造形だったので、このボディー素体に関しては返って一体成形のウエストの方が、寧ろ新ボディー素体としての付加価値が上がったのではないか…って気がするよ。


    CA3I1977.jpg
    因みにこれが今までのFMCボディー。

    ビンテージバービーのボディーを元にしてやや細身&背を高めにアレンジはしてるけど、服を着せた上でのシルエットを計算したメリハリボディーってコンセプトはそのまま生かされてた。



    CA3I1973.jpg
    其処がFMCボディーの、嫌FMCシリーズとしての大きな魅力だったからどうしても見比べちゃうよね…!?

    可動機能そのものにもちょっと言いたい事が有るのよ。


    CA3I1974.jpg
    一応使用素材は実物を見て触った限り、今まで通りシルクストーン製のボディーみたいなんだけど、それならそうで可動にした分、今度は手首とか細い関節部分の耐久性とかが凄く心配な訳なのよ!?。

    特に肘(ひじ)とか細い軸一本で繋げてるんだけど、結構引っかかってんのか滑りが悪く動かない箇所が有って、無理くり動かしたらポキッとかイキそうでヒヤヒヤだったよ〜!?。


    CA3I1967.jpg
    FMCに限らず、やっぱりバービーでビンテージタイプのヘッドを使ったドールなら、ボディーももう少しボンキュッボンのグラマータイプで無いと合わないかな? と思うのですよ!!。


    CA3I1888.jpg
    ブーツは例によってスリット入りだけど、上部履き口は切れて無い。これなら上が歪んでベラッと広がったりしないから助かる。ロングブーツは踵(かかと)さえ通れば履けるから、これでも充分だしね。


    CA3I1969.jpg
    今までのBFMCシリーズは可動より、ドールとしての美しい立ち姿とビンテージ時代を彷彿とさせる手の込んだオートクチュール風ファッションが魅力のシリーズでは有ったけど、昨今ドールではフル可動がかなり当然の機能として望まれる様になって来てて、もしFMCもそれをクリアーすれば、確かに理論的にはドールとしてもかなりパーフェクトな存在にはなる筈ではあったんだけどね。

    でもボディー素体としての造形美が劣ってしまっては、このシリーズ自体のコンセプトが崩れてしまうから元も子もない。

    樹脂の材質から言って、本来このBFMCシリーズで、どうしてもポーズの自由化を促したかったのなら、単純に今までの関節可動ボディーを造るより、マネキンみたいに色んな形に曲がった手足パーツを差し替えるコンパチ方式…みたいなシステムを採用した方が、ずっと公開的だったのでは…とも思うのですよ。


    コメント
    こんばんはー!

    待っておりました!神の可動FMCのレビュー!!

    私なんかもう箱に戻してしまいこんでしまってもう数か月も見ていないんですよ。

    お顔は可愛いのに、どうしてもボディーになじめませんでした。

    可動ならFRやポピーでいいかな?って思えてしまって。
    でも、満を持して出したはずの可動FMCを手にして結果他のドールに流れるようではマテルも失策ではないかと思うんです。

    胸の切り替え〜股関節ぐらいまでの繁雑さがどうにも気になってしょうがないです。
    第二弾のトレンチコートはお顔は可愛いけれど買う気になれませんでした。第三弾のグラムドレスもこれまた見送り。

    どうにも脱がせたときのイメージが悪すぎて
    服を着ていても魅力的に思えないというエロオヤジのような感想を抱いております。

    せっかくここまで集めて来たFMCシリーズですがこの先はどうしようかちょっと考え始めてしまいました。
    今までの大人路線が好きだったようです。
    とかいいながら素敵なのが出たら借金してでも買ってしまいそうです。

    ところでただいまヴィンテージバービーのグリーンを取る作業をしているのですが、アメリカのクレアラシルを塗って地道に取る作業に飽きてきて、「緑青ならサンポール!」とわけのわからない発想に至り、ボロのバブルカットバービーをサンポールに漬けこんでいます。
    もしかして数日後にはヘッドがドロドロに溶けてしまったりするのでしょうか。

    ちょっとドキドキですね。


    • うー
    • 2016/08/17 2:28 AM
    うーさん、コメント有り難う御座います。先日は其方のブログへの連続コメント、大変失礼しました。

    可動FMCに関してはほぼ全般同意見だったので、もう自分がレビューしなくても…って気もしたのですが、どのドールだろうととりあえず記事更新はやっとかないとって事で…。

    やはり胴体部分の造形が問題ですよね!?。

    可動ボディーの関節はどの部分も、ただ曲がれば良いとゆう訳で無く、曲げた&捻った時のシルエットも自然&美しくないと、駄目なんですよね〜!!。


    外国版クレアラシルでの染みとりは何十年も前から有名ですよね。クレアラシルは日本でも発売されたけど、薬事法の違いで日本版には有効成分が入って無かったのか、アメリカ製に限るって話を聞いた事が有ります。

    僕はビンテージの中古物は、顔やボディーに染み込んだ汚れや破損が有る人形は全てスルーしてたので、(自分でメンテナンス出来る髪やメイクのみダメージの有る子を選ぶだけでもかなり安価で買えたので…。)

    ここら辺の成果&検証はよく知りませんが…。

    サンポール中和脱色!?。の件ですが、バブルカットの髪は太めで割と丈夫だし、ヘッドも多分溶けるまではしないと思うけど、フェイスペイントはちょっとヤバいかも。ポロポロとかドロッとして来たら要注意です。

    • kit☆man
    • 2016/08/17 7:20 PM
    こんばんはー!

    先日のコメント大変参考になりました!
    失礼なんてとんでもないです!
    これからもご指導していただけると嬉しいです
    というかご指導ください!ぜひ!

    そう、サンポールって塩酸が入ってるんですよね。
    子どもの頃から怖くてしょうがなかったんです。
    自分で洗剤を買うようになっても絶対に買わなかったんですよ。

    子どもの頃にナメクジを捕まえていて(伯父の盆栽の葉っぱを食べてしまうので夜な夜な伯父と一緒に割りばしで捕獲していたんです)
    伯父が用意した塩酸(本気の塩酸です)にナメクジを入れると一瞬でジュッ!って消えるんですよ。
    (サイコパスっぽくてすみません…)
    あれ以来本気で「塩酸」が怖くて。

    なのでサンポールを買う時も実はドキドキして気持ち悪くなりそうなんです。
    でも、何かの用事のためにサンポールを買って
    今でも家にあるので試してみました。

    ああ、サンポールは怖いが緑青は消えて欲しい…

    今のところアイプリは大丈夫です。注意して見てみますね〜。


    • うー
    • 2016/08/18 12:27 AM
    うーさん、

    害虫駆除は場所によっては殺虫剤も使い難いから、お祖父様には一発で跡形も無く溶かせるサンポールが最適だったのかも。大切なお花達の仇も取れますし!?。

    僕は昔の実家がよくムカデが出たので困ったもんでした。殺虫剤でもなかなか死なないし、かといって叩いたり踏んで潰すと真っ黒い体液が出て超キモ汚くて〜。( ̄○ ̄;)!!!。

    結果熱湯をかけて瞬殺するようにして居ました。

    サンポールは劇薬ですが、ビンテージピアス穴のグリーンの染みが落ちればかなりの中古Barbieが生き返るので、それは大変有意義な実験です!!。

    どうか手荒れに気を付けて検証続行して下さいね。
    • kit☆man
    • 2016/08/19 7:42 PM
    こんばんは☆
    お久しぶりの記事嬉しいです!
    モンスターハイ記事では無くてもいつも楽しみに拝見しております(*^◯^*)

    またちょこちょこ更新してください。ワクワクしながら待ってまーす!
    • mi
    • 2016/08/30 11:29 PM
    miさん、お久しぶり…てか更新が滞って申し訳有りません。(汗)

    ちょっと今、色んな面でトーンダウンダウンと言うか、充電中〜な感じです。(笑)

    までも僕のお人形好きは多分生涯を通しての趣味だと思うので、今は夏だけど熊の冬眠…みたいな物だと思って暫く見守って戴けたらと思います。

    MHの最近の新作はあまりチェックしてないし購入も解りませんが、手持ち分のお直しはやりたいなと思ってます。

    • kit☆man
    • 2016/09/01 7:53 PM
    コメントする









    calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM