謎のクマ型モビルスーツ、ぞくぞく集結中!?。 We Are BEARGGUY & F Family's!!.

0
    CA3I1861.jpg


    先日ヨドバシのプラモ&フィギュアコーナーで見かけて、(お店では主だった商品の完成サンプル品もケース展示してたの。)すっかりその可愛さにハマってしまったベアッガイ、2機目のnewバージョンの親子仕様、ベアッガイファミリー、BEARGGUY F [Family]が出来上がりました。

    CA3I1897.jpg
    前回のベアッガイ(さん)にはリボンストライカーが付いてたけど、このFバージョン(Fはファミリーのエフね。)には代わりに子機のプチッガイが付属してんの〜。(≧∇≦)

    CA3I1906.jpg
    ベアッガイはファーストの熊型ロボタイプからこのぬいぐるみタイプにバージョンチェンジした途端、かなり女の子受けも良くなったみたいで、(アマの商品レビューも女子投稿が結構有るし…)最近はそっちのガールズ層をかなり意識してるのか普通バトルシーンがお約束のパッケージ画も、このベアッガイFでは白木のテーブルでカフェを飲みながら作ってるまるで主婦の手芸感覚のイメージ画になってるよ!?。

    ガンプラは元より、プラモ全体でもかなりの異例な事だよ。

    CA3I1893.jpg
    ママッガイ(Fバージョンのベアッガイはそう言う名前になるらしい…。)は、一見全身真っ白に見えるけど実際にはナチュラルなアイボリーホワイトと僅かに茶色がかったホワイトベージュのツートーンになってて、その微妙なトーン配色がクオリティをあげてるね。

    こんな繊細に計算された色彩バランスをしかも実際の商品の樹脂の成形色でも実現させてるのはなかなか見事だよ。ドール商品だと樹脂造形小物の成形色とか、かなりテキトーな場合凄く多いもん。クリアー樹脂でさえ透明度がまるでくもりガラス!?って思う程低い事もしょっちゅーだし。

    CA3I1894.jpg
    でこのセットでの目玉が〜

    CA3I1895.jpg
    このオプションアイテムのプチッガイ

    CA3I1892.jpg
    流石に超デフォルメなプチキャラだから、肘&膝は無可動だけど、肩とか手足の付け根&首は全てボールジョイントだから、

    CA3I1896.jpg
    結構思ったより表情の有るポーズが出来る。返って口が無いのが逆に可愛いかも!?。

    実は踵(かかと)もごく僅かなんだけど角度が少しだけ変えられるから、それだけでも接地面への対応力が結構増してる。

    ソーダの様なミントブルーに超淡〜いアイスブルーの組み合わせが本当に綺麗だね。

    CA3I1907.jpg
    後ろにはベアッガイ靴離螢椒鵐好肇薀ぅーをイメージしたリボンがあしらわれてるのがポイント。まん丸尻尾もチャーミングだね。

    CA3I1898.jpg
    親機のママッガイ背中は付属のチェアストライカーを接続して、

    CA3I1899.jpg
    プチッガイを背中にオンブ出来ちゃう。

    ファイル0695.jpg
    このプチッガイ、アニメのエンディングにも登場してやたら人気か上がってるらしく、5月末には何と4色展開で単品販売が決まったらしい。

    20150224122632-478550001.jpg
    因みにこの4色バージョンがアニメに登場したカラーバージョンらしい。

    メーカー希望価格は540円。なのにあまじょんでは今トンでも無い価格になってる。しかもまだ予約なのに…!?。

    オイラは一番最初に出た時のあわせ買いセールで既に約3割引近い価格で予約出来たけど、メーカーも2ヶ月前から予約とってるって事は当然生産ロッドの見積もりも兼ねてると思うから、発売日頃には余裕でなんならディスカウント店でも買える気もするけど…!?。

    ま商品企画から言って、追加リピート生産は微妙かもだから他の定番商品みたいにずっと何時までも店頭に置いてるとは限らないかもね。

    CA3I1884.jpg
    親子バージョンのベアッガイFには先日こんなカラーバージョンも出ました。

    CA3I17540001.jpg
    Berry berry BEARGGUY F (family) Special Color ver.

    実はこれ、アニメの主題歌CD初回限定セットのみのガンプラで、商品の販売メーカー名義もBANDAIではなく、avex traxになってたりします。

    付属の主題歌&歌ってるアーティストユニットには全く興味無かったんだけど、この本当にフランボワーズなベリー系の色に惹かれて速攻で注文しちゃいました。


    CA3I1891.jpg
    鮮やかなラズベリーピンクのベースカラーにストロベリームースの様なきれいなピンク、まさにスイーツカラーバージョンのベアッガイでかなり女の子受けを狙ってるっぽいね。


    こっちはママッガイ&プチッガイ共に同じカラーリングだから親子感もよりアップしてる。

    CA3I1887.jpg
    同系色でもこの位色の違いがハッキリしてると、各部分のツートンカラー感のコントラストが際立ってイイね。♪


    CA3I0935.jpg
    プチッガイは後頭部だけ見たらもう有名スイーツ店とかのカラフルなマカロンにしか見えない…ピンクのリボンが似合い過ぎ!?。

    CA3I09340001.jpg
    ママッガイ後ろバックパック接続部も、通常なら大抵アイアンブラック系なんだけど、この子は深いボルドーorカシスレッドになってて凄く綺麗〜。実は鼻&口内パーツもこれと同ランナーだから鼻も同じカシスレッド系で凄く可愛いの〜。(プチッガイの鼻は普通に黒シールなんだけどね…。)

    CA3I1886.jpg
    CD付きのセット販売だったってだけで、オプションパーツとかセット内容は通常版のベアッガイFと全く同じなんで、実質的にはその別カラーバージョンと言って良い模様。ちなみにこっちのチェアストライカーの色は淡い方のピンク。

    で、実は親子バージョンのベアッガイFには、もう一つこの画像の手繋ぎパーツが付属している。

    CA3I1883.jpg
    一個だから片方分だけなんだけど、コレは人間で言えば手の平…!?に当たる部分で、元々のパーツと付け替えて〜

    (なんかお注射でもする様にしか見えないが!?。)

    CA3I1884.jpg
    この突起部分をプチッガイの手先の穴に差込めばOK!!。

    そう詰まりドラえもんばりに指の無いベアッガイが手を繋ぐ為のアタッチメントパーツなのです!!。

    ま手!?パーツなのに一個しか無いんだけど、ベアッガイは手先は左右共用パーツだからどちらの腕にも付けられるから。


    CA3I1885.jpg
    で、重心バランスさえ採れればこんなポーズも出来ちゃうよ〜!?。

    CA3I0936.jpg
    このパーツ、当然通常版のこの2匹達にも付いてたんだけど、これベアッガイFからの追加パーツで、

    CA3I0937.jpg
    実は新造の方のプチッガイと同じランナーパーツになってるから、親子同じ色のberryバージョンでは何も問題無いけど、

    CA3I0938.jpg
    ママ=白、プチ=ミントブルーで色の違う親子のこっちではママの手先だけ色が変わってしまう事になるんだよね〜!?。

    まプラモのホビー界では塗装もたしなみの一つなんだろうけど、オイラとしてはもしこれからもカラバリとか出るならランナー構成変えて欲しいなと…。 後白のプチッガイね!?。

    プチッガイは以前から好きだったブルボンのプチグマのに似てる所が可愛いくて…だからまだパープルとかグリーンとか、色んな色出て欲しいな。♪

    実はぬいぐるみタイプのベアッガイ、通常版はまだ靴Fの2種類だけだけど、各ショップ&イベント限定版等、特別企画品では結構色々出てたりするので、又紹介しようと思います。


    CA3I1865.jpg

    何を血迷ったか、まさかのガンプラデビュー!?。Gundam Build Fighters BEARGGUY (SAN).

    0
      CA3I17260003.jpg

      …順番的にモンスター・ハイ商品の記事が先ぢゃ…って話ですが、そっちがまだ撮影とか色々準備中なので、先に他カテの人形を紹介したいと思います。

      てか人形って言って良いのかされよく判らんが…!?。
      CA3I17010004.jpg
      …プラモデル?このオイラが!?。しかもガンダム、ガンプラだよ〜!!。( ̄○ ̄;)

      そりゃ子供の頃はまだ普通の男の子(らしい所も有ったん)だから、ヒーロー物の可動フィギュア位は幾つか持ってたけど、このフィールドだけには一生手を出さないと思ってたのに…!? ま、確かにアニメはファーストガンダムド真ん中世代でしたが、もう深夜まで氾濫侵食してる今のアニメ乱立時代には余程個性的な作品以外は殆ど付いていけないけどね…。



      CA3I1741.jpg
      でもMS(モビルスーツ)と言ってもこのデザインを見ればそれなりに納得して貰えるかも。

      ガンダムもアムロ&シャア少佐の時代から続く未来スペースコロニー独立国家革命宇宙ロボット戦争とは別に、単純にガンダムのMSを今のバーチャルゲーム感覚で近未来実際に製作〜操縦してスポーツ感覚で戦うスピンオフアニメも有るらしくて、

      これはアッガイって言うジオン軍(主人公の敵対する独立国家)のMSを母体に女の子のバトラーがクマの縫いぐるみを模した期待にアレンジして製作した物らしい。

      因みに最初のオリジナルのファーストBEARGGUY(初号機!?)は、

      CA3I0929.jpg
      縫いぐるみってよりリアルな熊に近いかも。ずんぐりむっくりだけどこのまたオリジナルのアッガイも元から殆どこれと変わらないボディーみたい。

      ただ頭が蟹の甲羅みたいな所謂ザクっぽい感じなだけ!?。



      CA3I170200010001.jpg
      1/144って言うと、プラッツ&リカちゃんよりまだ小さい筈だからちょっとナメてたんだけど、箱開けたらあまりに予想外のランナー&パーツの多さに愕然!?。( ̄□ ̄;)紱胴体手足、各パーツ前後2つを合わせるだけで、ほぼ完成かと思ってた…!?。


      ボディー全身はぼ渡って、装甲とメカモールドの入った本体に分かれていて、ディテールと可動フィギュアに不可欠な耐久性も充分兼ね備えた重厚な作りだった。

      CA3I17280002.jpg
      そして完成した実物がこれ。

      超可愛くね〜!?。♪

      CA3I1749.jpg
      全身フル可動は勿論、なんと耳も…

      CA3I1748.jpg
      動きますがな〜!?。細かいとこまでこだわってるね〜。

      CA3I1736.jpg
      後ろにはイカにも縫いぐるみらしいリボン。ブースターの付いた飛行ユニットって設定らしい(笑)コレも分割パーツごとに動くから座らせても干渉しない優れ物。

      CA3I1742.jpg
      あぁ、大きさも解る様、比較画像出した方が良いな!?。

      モンスター・ハイのクレオと比べるとこんなスケール感どす。

      しかしMonster High今年の日本販売は確か今月からミニフィギュアが発売されるって呟いてたけどどうなってんだろね!?。公式ツイッターも3月に入ってから一度も呟いて無いし、日の丸あまじょんでも予約さえとって無い…。

      まさか又ドタキャン!?。

      新学期第2弾も国内販売中止をずっと黙ったままで、皆に問い詰められてやっと白状してたけど、あれはどう考えてもメーカーとしてあまりにも誠意が無かったぞ。

      フィギュアは無いなら無いで良いんだけど、それ以降のドールの取り扱いがどうなるかだよ。

      CA3I1745.jpg
      フィギュアがボツなだけら皆ひと月ずつ繰り上げ販売するとかして欲しいよ。、

      ええとこのクレオは確かクリーパテリアだったっけ!?。まだ全身とかちゃんとレビューしてなかったから丁度イイや!?。エメラルドグリーン×パープルって大胆な色使いをまとめてるのは流石クレオ様。



      CA3I1746.jpg

      CA3I1733.jpg
      ベアッガイは怒り顔や腕が延長出来るオプションパーツも色々有って、色々遊べる。目は、

      CA3I0930.jpg
      更にバリエーションシールが付いてるから色んな表情を表現できる。基本のヤツは使ったけど後はカラーコピーしてから使おうと思って。そしたら複数回貼り替え出来るからね!?。♪

      CA3I1739.jpg
      フィギュアはドールと違って服装や髪のアレンジはあまり出来ないけど、差し替えパーツの付いた可動フィギュアは作った後も色々遊べるトコが今回凄く気に入ったので、早速他のバージョンも買いました。こっちは白熊親子バージョン。♪

      今回レビューした子は先週博多に遊びに行った帰り、駅前のヨドバシで見かけて買ってきたんだけど、その時これも有ったからもう一緒に2つ共買おうかと思ったんだけど、とりあえずまずひとつ作ってからにするべ!?って保留してたの。で、2個目は日本Amazonに頼んだ。

      両商品共メーカー希望定価が1.800円の所、1.310円〜1.500円台でヨドバシも安かったけど、Amazonの方がどっちも更に1〜200位安かったみたいで保留して正確だったね。

      男の子の為のお人形!?。ミクロマンetc.

      0
        CA3I1433.jpg
        今、大人になってドールが唯一の趣味になってる訳だけど、ぢゃ子供の頃はどんな玩具で遊んでたかってと、クリアー樹脂の可動ボディーにビニール製の変身ヒーロー着ぐるみスーツを着せ変える変身サイボーグとか…。

        早い話がSF版GIジョーで、実質的には男の子版着せ替え人形な訳で、やっぱり今の自分はこうなるべくしてなったのねと改めて思う訳です。因みに変身サイボーグは旧タカラの製品で、元々は本当に小さい頃からタカラの玩具で育った生粋のTAKARAっ子だったんだよね。

        タカラバービーから90年代のジェニーシリーズとか、あれだけ夢に溢れた商品の宝庫だった玩具メーカーだったのにねぇ…。物を作るメーカーでは職人さんやデザイナーの仕事の出来が一番…てか全てな訳で、其処を大切にしないとブランドとしての地位を失ってしまう事を証明してしまった典型的なケースだね。

        そして変身サイボーグから、そのままミクロマンへと移行して行く訳ね。変身サイボーグは一応普通の着せ替え人形と同じ6分の1サイズだけど、ミクロマンは可動ボディーでは有るけれど着せ替えより乗り物や基地のプレイセットの商品展開に重点を置く為か、更に小さく約9.5センチの12分の1サイズが基本になってた。

        着せ替えシステムは無くなったけど、代わりに小さい分、一体の単価も安くなったので、ボディーのデザインやカラー等バリエーションが豊富な中から好きなフィギュアを選んで集めるスタイルにシフトした。

        だいたい一つのボディーデザインに四種類のカラバリが有ったから、各シリーズから一つ好きな配色を選んだり、好きなシリーズだけコンプリしたり…。



        CA3I1431.jpg
        敵役のアクロイヤーも格好良かった。

        ミクロマンは消滅した別の文明のはったつした惑星から来たと言う設定で、アクロイヤーは生命維持装置での長期スリープ状態での異変で悪進化してしまった存在と言う設定だった。

        今の男児玩具と比べると超シンプルだけど、昭和世代の自分には返って今のロボット玩具の方がゴチャゴチャし過ぎてる気がしてイマイチ格好良さを感じないんだよね…。

        ま可動スペックそのものはずっと進化してる訳だけど…。

        CA3I13490001.jpg
        コレはミクロナイトと言って、言わばミクロマンの中世の騎士スタイルのサポート兵士ロボット。もう高校生を過ぎた頃、シリーズ晩年に出た商品だから玩具よりマンガを描く事に夢中な時期でとっくに卒業してたんだけど、

        CA3I13570001.jpg
        このSF+中世騎士デザインの融合が超クールで格好良い…。大人になって何度か訪れるミクロマンマイブームの度にいつか集めたいと思ってたんだよね。



        CA3I13440001.jpg
        この全身キラキラメッキ仕様なのは、この頃スタートしたSTAR WARSシリーズのC3POの影響かも。

        CA3I1424.jpg
        ロボットも今の戦隊物に出てる様な立方体の単純シルエットな物には全然萌えない。

        昭和世代のオイラには巨大ロボットと言うとやっぱりなんと言ってもマジンガーZシリーズ!!。

        バンダイの超合金魂シリーズだとアフロダイAやビューナスA等、女性型パートナーロボットも商品化されてる。

        中でも一番好きだったのがレギュラー出なく一話だけゲストキャラで出たミネルバX。

        ファイル0019.gif
        アニメ登場時は元々マジンガーZのサポートロボットとして設計されたと言う設定通り、マジンガーZに準じたペアルック的カラーリングでこれも凄く格好良いんだけど、

        ファイル0096.jpg
        今回買ったのはスピンオフ作品マジンガーエンジェル版のそのまた限定色バージョン。

        どうしてオリジナル版と違うバージョンをえらんだのかって言うと、

        CA3I14160001.jpg
        マジンガーエンジェル版には同じ永井豪作品のもう一つの代表作、デビルマンの人気キャラシレーヌにインスパイヤされたオプションパーツが付いて居てそれが凄く格好良かったから。

        CA3I14140001.jpg
        ミネルバ本来のカラーとは全然違うんだけど、寧ろ永井豪テイストが濃いカラーリング+メタリックメッキ仕上げが凄く綺麗なのが気に入ってんの。

        …でもキャラクター系のフィギュアだと、可動タイプでもカスタムってか自分の手を入れる余地が無いから動かしたり飾る以上の事が出来ないのがドールと決定的に違う所だね。

        calendar
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        3031     
        << December 2018 >>
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM